2015年10月アーカイブ

私には中学生のときに、好きになった同級生の男子生徒がいました。

彼は背がとても高くて、スポーツも万能でした。

性格も穏やかで優しかったので、好きになったのでした。

でも、中学を卒業するまではずっと片思いをしていました。

彼には、他のクラスに彼女がいたからでした。

仕方なく、中学の卒業式に自分の気持ちを書いた手紙を渡して終わりだったと思っていたんです。

でも高校生になって彼から電話がくるようになって、デートするようになったのでした。

でもそのころは、お揃いの何かを身につけたりしたりしませんでした。

プラトニックな恋は1年で終わってしまったのでした。

でも高校を卒業してからOLになって、同じ会社の人と結婚した私は、結婚生活がうまくいかずに、初恋の彼に電話で相談する日が続きました。

彼とは再会して、付き合うようになってしまったのでした。

私は彼に再会して2回目のデートの時に、彼氏とお揃いの腕時計を買って、お互いに同じ時間を共有できたらいいねといっていたんです。

彼とはそれから12年間も同じ時間を過ごすようになっていきました。

お揃いの腕時計は8年ほどお揃いで付けていました。

今では別れてしまっても、想い出の詰まっている腕時計は捨てることができません。

ダニエルウェリントン石原さとみ着用モデル

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。